根本・本質から立脚したSEO対策への備え

SEO

検索エンジン【提供側】に立った・・・SEOの本質・・

検索エンジンに正しく優しい設計 なぜ検索エンジンに優位なのか?
※「北研クラブ」サイト、SEOのページから抜粋しました。

 接、目指すサイトのURLを知っているならともかく、数百億ページとも言わる
大量の情報が存在するインターネットの世界。そんな中から、一瞬で欲しい情報を見つける
「検索サービス」は・・不可欠ですよね。

そしてこの検索エンジンサービス【提供側】の立場を理解をする事で、SEOと言うものがしっかり見えて来るという事です。

なぜ?検索エンジンサービスを提供するのか?

評価される【人気の検索エンジン】になり、多くのアクセスを呼ぶ。

  • それには「良質な検索結果を提供する」こと。

言い換えれば

  • 【良質な内容を持つホームページ】を上位に表示・・することです。

それが、利用者の利便性を高め、「繰り返し利用しよう」と思って貰う事になりますよね!

「当り前」って言えば当り前ですが(笑)・・・そうなれば・・・
多くの人がそこに自然とアクセスしてきます。

そんな、アクセスしてきた人が、そのサイトで【表示されている広告をクリック】することで、収益を上げる事が出来ます。

彼らが望むものは

多くの人に訪れてもらい・・結果として【広告収入を得る】ことです。

  1. 利用価値の高いサービスを提供する。
  2. その事によって、多くの人に訪れて貰う・・それも繰り返し。
  3. その結果、広告塔としての価値を高め【広告収入を得る】

検索エンジンサービスだけでなく、インターネットにおける種々のサービスの本質です。

最近知ったものでは、こんなモノがあります。なんと、大阪ガスが提供。

一般に、「メールの添付ファイル」として送る事は周知の通りですが、容量に限界があります。
プロの写真を例に取れば「くっきりハッキリの技術革新」によってナント一枚、軽く5MB、10MB、場合によっては20、30MBの大容量です。

こんな「大飯喰らいの画像ファイル」(笑)送受信にピッタリというサービスです。



さて・・検索エンジンサービスに話を戻しますが、これが仮に 

  • つまらないホームページを上位表示すれば・・どうなりますか?

「なんだこの検索エンジンは!頭が悪いのか?」と思われ、利用者からバカにされます。
信用が落ち、人気がなくなります。当然、利用者のアクセスが減ります。

結果として広告収入が減ることになります。よね!・・ですから

「中身の乏しいサイト」を全力で排除する!

そんな努力を、日々行なっていると言うことです。

  • 大量にリンクを集めただけ
  • キーワードを単にちりばめただけ
  • 他人のページをコピーしただけ・・そんなページ、
  • 同じ内容で量産された「ブログ」・・などなど

彼らは最高の技術者を雇い、日々排除するための仕組みを作っています。それに対して・・
小手先のテクニック(検索エンジン騙しを提供する者)と、どちらに軍配が上がりますか?

・・「うーん」・・納得ですよね「異論はありません」(笑)

最新の検索エンジン技術の方向性

  • 最新の検索エンジン技術の方向性についても触れています。

検索エンジンのランキング設定
なぜ、「リンクの数」や「キーワード数」によってランキングを設定するかというと、コンピュータが「意味を理解できない」からです。

もし、人間がホームページを評価することができれば、良いサイトかは一目で分かるので、キーワード数などカウントする必要はありませんよね。

現在、研究が進み徐々に人工知能を使った「ランキングポイントの計算方法」が導入されています。このような状況から
「本当に有用なホームページを作ることこそ、最大の検索エンジン対策」になります。

・・・人間の脳ってやっぱり偉い!と思いますね!・・マジで

そしてもっと言えば
検索エンジンの進化は「役立つページをなるべく上に表示する」ことを「洗練」させている。
別の言い方をすれば「精度を上げている」と言う事です。

小技では無く・・【本技】を磨け!

小手先のテクニックではなく、「本当に役立つページ」を目指すこと・これが「大切
そのためには

  • 気軽に編集でき、ページを増やし
  • 利用者が読みやすいように情報を整理
  • リンクを整理した・・ページ作りが必要です。

これらを簡単に行えるように工夫しているのが、QHMでもあります。私も納得のQuick性です。

まとめると・・・

検索エンジン側の立場に立てば
役立つページを作ること本当の検索エンジン対策

その上で、

  • 検索エンジンに読み込まれ易くWeb標準をしっかり守り
  • 利用者にも便利な、読みやすいサイトの作り方を行うことで

上位表示を行うことができます


検索エンジンに読み込まれ易くするための方法とは?  

技術的なポイント・・その1
間違いの無いHTML文法とCSSを使う事

検索エンジンは、事前にホームページのデータを読み取り、その情報をデータベースに整理して格納します。この時、HTML文法に間違いがあると

  • 読み込みを途中でストップしたり
  • 重要語句を読み違えたりして、正しく読んでもらえません。

故に

[check]間違いのないHTML文法で作成」する必要がある。

・・現在は分かりませんが・・
市販のホームページ作成ソフトでは、一昔前だと「簡単に文法間違いが入り込んでいた」そうです。結果、市販ソフトでは作らない方が良いと言われてきました。

・・Quick Homepage Makerでは
適当に入力するだけで、何も意識せずに、入力されたテキスト情報を
システムが自動的に
間違いのない、しかも次世代型のXHTMLに変換」します。

文法チェックについて

正しい文法かをチェックするサービスがあります。基本的に、W3Cという組織が提供する文法チェッカーで合格すれば十分です。

より厳しいHTMLintというチェッカーでの高得点を目指す必要はありませんが、QHMなら90点を取ることが可能です。もちろん、望むのであれば100点になるように工夫することも可能ですが、実用面に問題がでますので、お勧めしません。

[check]デザインは、CSSと呼ばれる技術で作る

・・市販のホームページ作成ソフトを使うと
デザイン用のおまじない(タグ情報)が、たくさん挿入されてしまい ・・これが・・
検索エンジンの情報取得の邪魔をする、ページの表示を遅くするというデメリットがあります。

Quick Homepage Makerを使えば、CSSを駆使した美しいデザインのホームページが作れ
表示も高速化されるだけでなく、検索エンジンにも有利なサイトになります。

あなたが、特に意識をすることなく、実現可能です。

技術的なポイント・・その2
文章の読み込まれる順番と意味づけを的確にする

話が専門的になりますが

  • HTMLは、「文章の語句の意味を定義するため」のものです
  • 見た目、デザインは、CSSで行うように推奨されています。

H1タグ(見出しタグ)は
見出しだから大きく表示されているだけで、「大きく表示させるためのタグではない」ということです。つまり、「これは、見出しですよ」を表すためのタグです。
見出しの大きさ、色はCSSで設定します。

なぜ?と言えば「コンピュータは意味を理解できない」からです。文書を読んでいって、「あぁ、ここは見出しね」と人間は簡単に判断できますが、コンピュータにはできません。

そこで
「見出しですよ」とコンピュータに教えることを目的として、タグを付けます。このように人間が、意味をコンピュータに教えてあげることで、高度な処理ができるようになります。
※情報学の研究では当たり前の知識です

「ご飯ですよ」ではなく「見出しですよ!」って教える訳ですね!(笑)



難しいことは、さておき…

利用者にも、分り易く、役立つページ作りとは?

ポイントは、4つです

  1. 読みやすい文章を意識して、見出しを効果的に使う
  2. 大事な語句は、強調(strong)を使う
  3. 箇条書きを効果的に使う
  4. リンクを適切に付ける

読みやすいページは

  • 文章が適度にブロックに分けられ、見出しがついています。
     見出しは、すぐ下に続く文章の概要を表すものですよね?

同様に、大事な語句は、太字(strongを付ける)にします。

箇条書きにして読みやすく工夫するなどなど…

このように、当たり前のように、分かりやすく読みやすい文章を作ることを意識して、その意識に合わせて、タグを使うことで、検索エンジン対策になります。

更に、リンクを適度に挿入して、「関連する情報にアクセスしやすく工夫」しましょう。それだけで、十分なのです。

このような・・自分自身でできる対策をしっかり行った上で・・

  • 検索エンジン登録や本当に関連するところと相互リンクすることが大切です。

入当初の私は全然認識出来ませんでしたが今は・・これらの事がよーく分ります。

むやみに相互リンクをしない

もう一度ご確認を・・検索エンジンのランキンク設定

さてリンクに関してですが「滅多やたらリンクしちゃダメ」・・その理由ですね!

スパムサイトと見なされたところから、リンクされていると、そのサイトも悪いサイトと判定されますので、むやみに相互リンクをしないことも重要です。

最近だと、よいコンテンツを作ることで、OKWeb、はてな、Yahoo!知恵袋など重要なページ、多くの人が訪れるページに、ブックマークや紹介をしてもらえるようになります。

つまり自分が変わる努力をすることで、大きな結果を得る可能性が開けてきます。

QHMで実現する簡単検索エンジン対策の3つポイント  

Quick Homepage Makerで検索エンジン対策をする場合、以下の3つを意識するだけで十分です。後は、全部システム(QHM)が、適切に行ってくれます。

  • 見出しにはキーワードを入れる
  • リンクにはキーワードを使う
  • 画像に説明を入れる

検索エンジンに対する【隠れた工夫】

いちいち言いませんが、当然、こんな工夫もしています
QHMの見た目じゃ判らない隠れた工夫

最後に、一言…。検索エンジンだけが全てでは無い

 
ビジネスで成功している人は
[check]検索エンジン対策を「そこまで、重要視していない」という事実です。

そもそも、サイトへの訪問者(アクセス)を集めることが目的ではなく、
[check]サイトから利益を出すことが目的のはずです。

検索エンジン対策では

  • いつどのように評価基準が変更されるかが分からないですし
  • 効果が出るまでに時間がかかるので、大変です。

それよりも

広告を出して、利益を出せる仕組みを作ることが大切。

そうすれば、いくら出せば、いくら利益がでるか計算でき、
その結果、広告戦略がしっかり立てられるようになります。

根本的なことにフォーカスする癖を付ければ、自然と気づけるようになります。
逆に、テクニックばかり追っていると、つまらない方法論にはまり、うまくいかなくなります。
以上です。

  • try.png

PPC広告に出品して上位表示させる

実は、検索エンジンが提供してるPPC広告があります。
Pay Per Click・・「クリックされると課金される」ものです。

  • スポンサーサイトとして表示されるものです。

このサイトでもご紹介してる「ネットビジネス大百科」で述べています。
・・・詳しくは、後ほど・・

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional