プロの手要らず、素人の味方!サイトの全てが思いのままに

無償版と有償版

無償版と有償版

オープンQHM(無償版)そして、QHMプロ(有償版)

Quick HomePage Makerのルーツは、PukiWikiというオープンソース技術にあります。

・・・システムは、オープンに共有して、技術発展させましょう・・・という考え方です。

その際にライセンス使用許諾条件)を定め

  • ソフトウェアを開発した著作者の権利を守りながら
  • ソースコード(設計図)を公開します・・というモノです。
  1. オープンソースであるPukiWikiをベースにしたQuick Homepage Maker
  2. QHMも又、オープンソースとして公開されています・・それが、無償版QHMであり
  3. GNU・GPLというライセンス(使用許諾条件)?に従って配布されています。

QHM本体は、誰でも自由に利用可能です。
ただし・・QHMをベースに作成したソフトを販売する場合は

  • カスタマイズした部分も含め、同時にソースを公開する
    (オープンソースのルール「使用許諾条件」に従う)必要があります。

Web上での知識や技術力があり

  • 自身で設置、設定、カスタマイズできる・・方であれば可能です。

QHMの公開にあたり、技術者向けに必要十分な情報は開示しています
(開発者・亀田さんの談)・・とのことですが

オープンソースの原則とは?
無料であり、無償であり・・フリー(自からに由るモノ)だ!と言うことです。

一方でGPLライセンスに含まれないモノ・・つまり

㈱北摂情報学研究所が独自開発し、ライセンスを所有するものは

有償版を購入した方】に使用する権利があります。

  1. Webインストールシステム
    1. 上書き保存の感覚」・・インストール、設定、バージョンアップ
  2. Webインストールにおけるサポート
  3. デザイン・・6パートデザイン・1ページ型デザイン
  4. 付属の各種マニュアル
  5. 動画で解説のビデオマニュアル
  6. 会員サイトのドキュメントの閲覧権
  7. 特典(ロゴ画像作成ノウハウ、URL圧縮ツールなど)・・です。

これらは、第三者の方に、許可なく譲渡、もしくは共有することができません。

無償版と有償版「やっぱり、大きな・・大きな違い」

料でもできるなら、無償版を利用したい」と思うのは当然だと思います。
私も最初はそうでした」・・そこで、無償版と有償版の違いを列挙します。

QHMの概念図

ご覧のように

  • このQHMはレンタルサーバーに設置して使う「システム」であり
  • ホームページ作成ソフトとは違い、あなたのパソコンにはインストールしません。
  • ホームページ上(Web上)で、ホームページを作成するための仕組みです。

違い・・その1

Quickインストール Quickアップデート
上書き保存の感覚」・・簡単インストール・バージョンアップ・編集、即更新。

無償版

インストール自体は

  • FTP(ファイル転送の理屈)を理解し
  • 多少のパソコン知識があれば

設置可能と思われますが
面倒な編集作業は、どうしても・・
避けられません。

私には全く無理でした(笑)

有償版QHMでは

独自開発のWebインストールシステムにより

  • QHMシステム原型」のインストール
  • 各種基本情報の設定&変更
  • デザインの指定&変更
  • ロゴの設定変更
  • GoogleMapsなどのライセンス設定
  • QHMバージョンアップ(システム更新)など

必要項目を入力⇒ボタンを押すだけで完了(上図 )。

有償会員の要望を受け、ちょっと待てないスピードで進化して行くQHM。
バージョンUPもQuick?です(笑)

QHMを使うには、簡単バージョンアップ設定システムは欠かせません・・ホントに・・。

違い・・その2

画像の説明

  • 6パートで構成されるH・Pデザインが80パターン?
  • 1ページから成る・・セールスレター型デザイン・・ 60パターン
    しかし、これらを編集できるQuickDesinerが開発されました。

無償版には

デザインが1つだけ付いています。

  • クールなブルーとグレーを基調としたシンプルなデザインです。

このデザインを使えば、それなりにプロっぽいページが作れます。

しかしながら、サイトイメージに合わせて、他の色を使ったり、グラフィカルなデザインを作るには、その為のWeb技術(カスタマイズ)が必要です。

QHMのデザインを変更するには

  • XHTMLの知識
  • CSSの知識
  • 各種ブラウザの差異を吸収する技術
    (ブラウザ毎に見え方が変わったり
    文字化けしたりする)
  • 初歩のPHPの知識が必要

アドビ社Dreamweaverなど、プロのツールが使えるレベルの方以外は、非常にハードルが高い・・と思われます。

私は素人なので、ここはパスです(笑)

有償版QHMでは

「デザイン済みのテンプレート」を自由に使うことができます。

  • 6パートで構成されるH・Pデザインが・・68パターン
    • この標準デザインを自分好みにカスタマイズ出来るツールもあり(別途有料)
  • 1ページから成る・・セールスレター型デザイン・・ 60パターン
  • 更にプレミアムデザインが121パターン(別途有料)あります
  • 高度な知識と
  • XHTML、CSSによって最適化されたデザインが

19,800円で、68パターン入手できます。
・・いかがでしょう?

また、デザインは
インストールシステムを使って「ボタン一つで簡単変更」・・あっけないくらい・・

着せ替え人形ならぬ「着せ替えデザイン」を1つのサイトで色々試してみて下さい。
私は、30回くらいやってみました(笑)

違い・・その3

必要なプラグイン(拡張機能)の事前設定

パワーアップし続けるQHM
より高度なホームページを作るために、ビジネスに活用できるように、例えば

  • Google Analytics(アクセス解析ツール)の活用
  • 大量の画像貼り付けと整理・・楽々簡単アップローダー
  • GoogleMapの簡単導入・・他にもいっぱい

「枚挙に暇(いとま)が無い」ほど、様々な拡張機能が追加されています。
直、ついていくのが大変(笑)

これらの拡張機能(プラグインと呼びます)も、すべて無償で公開されてますが

無償版QHMでは

必要なものをご自身で、別途インストールする必要があります。

一方で有償版の場合

全て、事前に設定されています。

  • 自動的にインストールされるか
  • ボタン一つで追加インストールが完了。

有償版QHMは「できるだけ、手間を省く」ことを目指し
「ボタンを押すだけ」にこだわっています(亀田代表の談 )

違い・・その4

マニュアル3部作

  • 専用マニュアル
  • 動画マニュアル
  • PDFマニュアル

無償版には

当然ですがマニュアルはアリマセン。
無償版QHMを使う場合

  • ご自身で実験しながら、使い方を体得することになります。

私が有償版を購入した頃(2007年7月)に比べれば
OpenQHM(無償版)のサイトに、結構詳しく解説されていますので

今でしたら「私も何とか動かせるかもしれない」と思いますが
それにしても、相当な時間を費やす事でしょう

有償版QHMは

全くの初心者でも、順を追って

  • ホームページが表示される仕組み
  • レンタルサーバーの契約
  • ドメインの取得
  • QHMの基礎を学べるように

専用マニュアルがあります・・・プラス
80本にも及ぶ動画マニュアルがあります。

すべての動画を見る必要は・・もちろん無く

「基本となる操作」の動画を3回ほどみれば、編集が楽に出来る様になるでしょう。

また、動画マニュアルでは

  • QHM以外の初心者が躓く「基礎知識」なども解説。
  • 作成したホームページのバックアップを残しておく方法
  • レンタルサーバーの操作方法(サーバー提供業者の代わりに作った動画)も用意されてます。

自身
この「実際の操作を再現」してる動画マニュアルで「これなら使いこなせる」と正直思った者です。
「あぁ、こんな感じで、使うんだ」という感覚が養われます。
この感覚が「やる気を育て、意欲を芽生えさせます」

始めに、動画マニュアル」ありきです

有償版QHM専用の会員サイト・・その充実度

私は、ホームページビルダー挫折組・・出身です(苦笑い)
QHMを知り、始めて「ホームページの何たるか?」を知った次第です。

言えることは

  • ホームページを作るには、実は様々な知識が必要である事。
    そんな簡単なシロモノでは無いと言う事実です。
  • 特に商用(ビジネス)サイトでは尚更のこと。
    ですから「制作代行のプロ」が存在するのもうなずけます。

さてH・P作成&運用に於ける「様々な知識」を全て、書籍などにまとめるとなると、膨大なページ数になる上、その結果として、情報を探しづらくなります・・そんな訳で有償版では

「会員専用サイト」にて関連情報が網羅・収束されています。

ヘッダーロゴにも謳ってありますが、多彩な機能(Multiple Performance)を有するQHMです。

この専用サイトでは

  • 「やりたいこと別に解説された使い方ページ」が、無数に存在します。・・そして
  • やりたいことが書かれているページを探すために、「検索機能」が用意され

あなたが、知りたい事・やりたい事を
「検索ボックスに入力し」ボタンを押せば、情報が瞬時に見つかる仕組みです。
ちなみにこの「検索機能」はQHMであなたが作るサイトにも、簡単設置出来るのです。

言うまでも無く

  • 動画マニュアルや、各種マニュアルも全て、ここで入手出来ます。

更に、この会員サイト内で

  • サポートフォーラムを実施しています。

直接のメールサポートではありませんが
2000人を超える有償版QHMユーザー同士で問題解決、アドバイスをする場です。

私自身、このフォーラムでも

  • 「ああ、こんな事で一時停止してる方もいるんだなー」
  • 「こんな要望もあるのか?」・・など、非常に参考になっています。

その他の特別マニュアルとして・・例えば・・

  • フォーム作成マニュアル・・があります。
    SSL(暗号化通信)で安心!「外部提携のレンタルフォーム」の導入法

QHM以外でも

  • QHMに関連すること・・例えば
    検索エンジン2大巨頭:ヤフー・グーグルに自サイトの全ページを登録する方法

QHMの応用・活用に関するマニュアルを揃えているのが・・有償版QHMです。

無償版をお使いの場合、すべてをご自身で調査する必要があります。

ロゴ作成マニュアルなどは・・・・・・ロゴってなーに??
65パターンのサイトデザイン・テンプレートを更に有効に活用する為に

  • ロゴテンプレートが400近く用意されています。

よく見かけるテンプレート販売などの、約5倍から6倍の数ですね。

更にテンプレートだけでなく
画像を編集する無料ソフトを入手し

  • 実際にロゴを自力で作れるように・・動画、及びPDFによるマニュアルが用意されています。

とにかく、あなたが調べるのは、広大なインターネットではなく、「会員サイト」となるように、情報がまとめ上げられています。

進化するQHM・専用の連動・拡張システム(別途有料)

  1. Mobile QHM(携帯サイト)
  2. 簡単決済システム Quick PayPal
    PayPalを利用して
    1. 独自のショッピングカート
    2. 情報販売などに便利な単品購入
    3. 自動返信メール・・などを簡単に使うことができます。
  3. 会員コミュニティーシステム・パッケージ
    簡単に会員サイトを作ることが可能・・会員サイト機能を使えば、
    1. 個別ユーザー認証
    2. 名前などを差し替えた、一斉メール配信
    3. 情報共有できるフォーラムの設置
    4. セールスレターを相手の名前に書き換えるページ
      などなど、会員サービス + 一斉メール送信 + フォーラムが可能です。
  4. プレミアムデザイン120パターン
    より洗練された見た目を実現した6パートデザインも公開されました

さて・・あなたの目的は!どんな所にありますか?

  • お金をかけたくない!」が優先するのであれば・・無償版をお試し下さい。
  • 趣味でパソコンを使うこと自体が目的の場合も・・技術を学ぶためにも、無償版QHMを使って設置、設定、運用をすべて独学で行えば、・・あっちに頭をぶつけ・・こっちで突き指をして・・大変な勉強になると思います。

決して、嫌味ではありません!

しかし、あなたが「ホームページを作ることは、単なる手段だ」

という場合は、ズバリ!有償版QHM (QHMプロフェッショナル) を強くお奨めします。
理由は単純明快

  • 時間のかかり過ぎる「基本的な入れ物作り」はQHM開発チームに任せ

    睡眠時間を削る程の・・膨大な裏方作業に費やす時間を削減

  • その中身、内容・・その「仕組み」作りに・・最大限、時間を使えるからです。

QHMとは何たるか?
システムの使いやすさを知るために、先ずは「お試し版」から始めて下さい。

a:1230 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional